メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 全日本実業団…男子は東京アート、女子は十六銀行が栄冠を獲得

国内大会tournament results category

全日本実業団…男子は東京アート、女子は十六銀行が栄冠を獲得

国内大会

2019/07/21

全日本実業団…男子は東京アート、女子は十六銀行が栄冠を獲得

第69回全日本実業団選手権大会は、7月18~21日の4日間、和歌山ビッグホエールで開催された。
男子は、東京アートが準決勝で前回チャンピオンのシチズン時計、決勝でリコーをくだし、6年ぶりとなる優勝を飾った。
準優勝となったリコーも準決勝では、吉村真晴をはじめとするスター集団がそろうファーストを破る活躍を見せ、2年連続の決勝進出を果たした。
女子は、十六銀行が決勝で2連覇を狙う日立化成に勝利し、3年ぶりの優勝。準決勝、決勝ともにラストまでもつれる展開で、どう転んでもおかしくない接戦を切り抜けた。
準優勝の日立化成は、単複起用の鈴木李茄が負傷のため決勝では起用しないなど、苦しい状況の中、盤石の力を見せた。
 
【男子結果】
優勝 東京アート
準優勝 リコー
3位 シチズン時計、ファースト
 
【女子結果】
優勝 十六銀行
準優勝 日立化成
3位 デンソー、豊田自動織機