メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。
  • HOME>
  • 大会結果一覧>
  • 全国ホープス…田阪卓研、石田卓球クラブが2年ぶりに優勝!

小学生tournament results category

全国ホープス…田阪卓研、石田卓球クラブが2年ぶりに優勝!

小学生

2019/08/17

全国ホープス…田阪卓研、石田卓球クラブが2年ぶりに優勝!

37回全国ホープス大会は、8月14~16日の3日間、山梨県小瀬スポーツ公園体育館で開催された。
男子は、先の全日本選手権大会ホープスの部で6連覇の偉業を達成させた松島輝空を擁する田阪卓研が2年ぶりとなる優勝を果たした。
「勝つためのオーダー」と、松島監督の作戦で、輝空を単2点起用はせず、前半単複起用。シングルス2点起用の役割を担った弟の翔空は、その期待に応えて活躍。決勝では、輝空と翔空のシングルス、翔空と西面のダブルスが勝ち星を挙げて、優勝を果たした。
女子は、ホープス2位の青木咲智、3位の小塩悠菜の2本柱が支えた石田卓球クラブが男子と同じく2年ぶりに優勝。
決勝は、T.Cマルカワと対戦。T.Cマルカワはホープス3位の面手凛を単複に起用する強気なオーダー。トップで青木が果敢な攻撃で面手とのエース対決に勝利すると、2番で大野紗蘭(石田卓球クラブ)が主力の高森愛央を接戦の末に破る金星を挙げる。
3番ダブルスでは息の合ったT.Cマルカワペアがゲームカウント2-0とリードしたが、同時進行で4番の青木が高森に勝利し、石田卓球クラブの優勝が決定。さらに、3番の石田卓球クラブペアが大逆転勝利し、結果3-0で優勝を決めた。
 
 
【男子結果】
優勝 田阪卓研(京都)
準優勝 石田卓球クラブ(福岡)
3位 育徳クラブ(大阪)、偉関TTL(東京)

松島輝空を主軸に戦い、2年ぶり2度目となる優勝を決めた田阪卓研


「普段はあまり欲を見せない翔空が、今回は初めて『優勝したい』と口にした」と松島監督が語った通り、要所で勝ち星を挙げて優勝に貢献した松島翔空

 
惜しくもアベック優勝とはならなかったが、準々決勝から何度も接戦を制して決勝進出を果たした石田卓球クラブ

【女子結果】
優勝 石田卓球クラブ(福岡)
準優勝 T.Cマルカワ(岡山)
3位 富久山卓球クラブA(福島)、MIHOTAKU(静岡)
 

盤石な層の厚さで2年ぶり3度目の優勝を飾った石田卓球クラブ



果敢な攻撃とガッツあふれるプレーでチームを牽引した青木咲智


決勝まで危なげない戦いぶりを見せたT.Cマルカワは2年連続で惜しくも準優勝と涙を呑んだ