メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

国内大会tournament results category

第53回全日本社会人選手権大会 結果

国内大会

2019/09/08

第53回全日本社会人選手権大会 結果

 第53回全日本社会人選手権が、9月6~8日まで、熊本市総合体育館で行われた。

 男子シングルス決勝は、大矢英俊(ファースト)と吉田海偉(東京アート)が対戦。

 試合は、序盤吉田がロングサービスからの展開で優位に進めた。しかし、大矢がレシーブでの対処を見せ最終ゲームまでもつれ、最後は大矢のバックハンドが炸裂し、優勝を決めた。「今まで一番嬉しい優勝でした。今年で東京アートを退いて、ファーストでコーチをしながら練習をしていました。東京アートでは練習をしていた分、勝たなければいけないという気持ちがありました。今回は全く違う気持ちで試合に臨めました。優勝した瞬間は泣きそうになりました」と大矢。

 

 

 

▲優勝の大矢英俊

  

 女子シングルスは、野村萌(デンソー)と安藤みなみ(十六銀行)が対戦。両者とも、バック面に異質ラバーを貼るスタイルで、前陣での打点の早い攻撃が特徴であった。野村が思い切りの良いバックハンドとロングサービスからの展開で試合を優位に進め、ゲームカウント4-1で勝利した。「大会前はランク入りを目標にしていました。社会人でもう一度日本一なるという目標を持って実業団に入りましたが、まさか一年目で優勝できるとは思ってませんでした」と野村。

▲要所でコースを突いた攻撃をみせた野村

 

 男子ダブルスは、横山輝・徳島剛(原田鋼業)が優勝。「優勝した直後は実感がわきませんでしたが、周りの方からおめでとうと言われ、優勝したんだなと感じています。会社の方の支えがあってここに立たせてもらっているので、それは絶対に忘れてはいけないと思っています」と両者。

▲お互いの特徴を活かし、原田鋼業としても全国初のタイトルをもたらした横山(左)・徳島

 

 女子ダブルスは、𡈽田美佳・宋恵佳(中国電力)が優勝。「2年ぶりの優勝で嬉しいです。今年に入ってからは東京オープン・ビッグトーナメントでも優勝しているので、ダブルスに自信がついてきました。今大会も優勝を狙っていて、それが実現でき良かったです」と両者。

 

▲ミスのないプレーを見せた𡈽田(左)・宋