メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

大学生tournament results category

秋季関東学生リーグ…男子は専修、女子は青山学院が優勝

大学生

2019/09/13

秋季関東学生リーグ…男子は専修、女子は青山学院が優勝

秋季関東学生リーグ戦1・2部は、9月4~5日に港区スポーツセンター、11日に和光市総合体育館、12日~13日に所沢市民体育館で開催された(2部は11日~13日)。


男子1部は、専修大が6勝1敗で5季ぶり30度目の優勝を果たした。

専修大は2位の明治大と第6戦で対峙。トップで及川瑞基が勝利したが、4番のダブルスまで明治大にポイントを取られ、明治大が3-1とリードした。しかし、5,6番を専修大が意地を見せ奪い、勝負はラストまでもつれる接戦となった。ラストは蛭田龍と菅沼湧輝が対戦。蛭田が2ゲームを先取し、流れに乗り優勝かと思えば、菅沼が2ゲームを奪い返し、最終ゲームへ。最終ゲーム、ジュースの接戦を蛭田が制し、決勝点を挙げた。
 
女子1部は青山学院大が激戦を制して、38季ぶり22度目の優勝。
主将としてチームを牽引した石川梨良をはじめ、チーム一丸となって優勝を手にした。
2位の早稲田大は青山学院大に敗れたが、優勝まであと一歩だった。

【男子1部結果】
優勝 専修大(6勝1敗)
2位 明治大(6勝1敗)
3位 早稲田大(5勝2敗)
4位 中央大(5勝2敗)
5位 筑波大(3勝4敗)
6位 日本体育大(2勝5敗)
7位 法政大(1勝6敗)
8位 大正大(0勝7敗)
※1~2位、3~4位の順位は、当該校間の直接対決の結果による
 
殊勲賞 三部航平(専修大)
敢闘賞 龍崎東寅(明治大)
優秀選手賞 及川瑞基(専修大)、岩永宜久(早稲田大)、浅津碧利(中央大)
最優秀ペア賞 龍崎東寅・沼村斉弥(明治大)
 


優勝の専修大

【女子1部結果】
優勝 青山学院大(6勝1敗)
2位 早稲田大(6勝1敗)
3位 中央大(5勝2敗)
4位 専修大(5勝2敗)
5位 東京富士大(3勝4敗)
6位 日本大(2勝5敗)
7位 筑波大(1勝6敗)
8位 日本体育大(0勝7敗)
※1~2位、3~4位の順位は、当該校間の直接対決の結果による
 
殊勲賞 石川梨良(青山学院大)
敢闘賞 笹尾明日香(早稲田大)
優秀選手賞 宮﨑翔(青山学院大)、木村香純(専修大)
最優秀ペア賞 鎌田那美・金子碧衣(早稲田大)
 


激戦を制し優勝した青山学院大

【男子2部結果】
優勝 駒澤大(5勝)
2位 日本大(4勝1敗)
3位 埼玉工業大(3勝2敗)
4位 國學院大(2勝3敗)
5位 慶應義塾大(1勝4敗)
6位 東洋大(0勝5敗)
 
殊勲賞 渡井丈人士(駒澤大)
 

1部に返り咲いた駒澤大

【女子2部結果】
優勝 東洋大(4勝1敗)
2位 大正大(4勝1敗)
3位 淑徳大(3勝2敗)
4位 國學院大(3勝2敗)
5位 東京経済大(1勝4敗)
6位 東京女子体育大(5敗)
※1~2位、3~4位の順位は、当該校間の直接対決の結果による
 
殊勲賞 奥山史穏(東洋大)
 
 
来季から1部の東洋大