メニューを開く

戻る

大会結果

卓球製品ラインナップ

2013年以前はこちら

  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

チームワールドカップtournament results category

【女子準々決勝】ルーマニア戦を振り返る

チームワールドカップ

2019/11/08

【女子準々決勝】ルーマニア戦を振り返る

日本3-0ルーマニア
1平野/石川3(-7,11,5,5)1サマラ/モンテイロ‐ドデアン
2伊藤3(10,7,6)0スッチ
3石川3(8,-11,11,-10,6)2モンテイロ‐ドデアン
4平野-スッチ
5伊藤-サマラ

伊藤美誠
「(出足の0−5は)相手が良かったわけでもなく、自分のミスで失点してしまったので、しっかり入れていければ大丈夫だと思っていました。5ゲームズマッチは1ゲーム目がすごく大事なので、リードされていてもしっかり勝つことは本当に大事。そのおかげで3−0で勝つことができたし、しっかり自分の流れをつかむことができました。
(この3試合はエース起用ですが、エースの自覚は芽生えてきた?)
そうですね。シングルスで勝つことがチームの勝ちにつながると思うし、団体戦なのでチームのことは考えていますが、やっぱり個の力が大事。1試合だけダブルスで、残り4試合はシングルスなので、戦うのは選手一人ひとりなので、どうやって勝ちにいくか、勝てるようにするかが大事だと思います」

 
石川佳純
「ダブルスは、流れがすごく悪かったです。1ゲーム目も取られ、2ゲーム目も7-8になりましたが、そこから作戦やコースを切り替えることが出来ましたし、互いに励まし合うことが出来て、そこが進歩を感じられた部分かなと思います。
 (ドデアンのバックからフォアにコースを変えた)パートナーが打ったボールを自分が打つので、なかなか練習できていないとコースを変えていくことは難しい。それをパッと変えられたのが勝因です。
 (ドデアン選手とは)10年ぶりくらいの対戦。すごくパワーがあった。サービスが上手く取れなかったのですが、途中からラリーのコースもわかってきて、相手のストレートに打ってくるのを待ってカウンターするようにしました。自分が上手くいかない時はとりあえず入れてカウンターをするようにしたのがよかったです」
 
 
平野美宇
「最初は思ったよりも相手のプレーがよくて、自分も堅くなってしまいましたが、2ゲーム目を取ることが出来てからはいいプレーが出来ました。石川さんに引っ張ってもらって、最後は緊張がとけて、いいボールも入るようになりました。
ドデアン選手のバックがすごく速くてびっくりしてしまって、自分がドデアン選手に打つ番でしたが、バックに打つと狙われていたので、その後はコースを打ち分けたことで、流れも変えられました」