メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

2011世界選手権ロッテルダム大会壮行会

金メダル獲得を目指して
味の素ナショナルトレーニングセンター  4月22日

 

今までで一番良い成績が残せると水谷

 

2011世界選手権ロッテルダム大会(個人戦)が5月8日~15日までオランダ・ロッテルダム市で開催される。オランダで開催されるのは、1955年のユトレヒト大会、1999年のアイントホーヘン大会についで3回目となる。

 

日本選手団は星野一郎総監督、宮崎義仁男子監督、村上恭和女子監督。

男子日本代表選手は水谷隼(明治大)、岸川聖也(スヴェンソン)、松平健太(早稲田大)、丹羽孝希(青森山田高)、張一博(東京アート)、松平賢二(青森大)。

 

女子は福原愛(ANA)、石川佳純(IMG)、平野早矢香(ミキハウス)、石垣優香(淑徳大)、藤井寛子(日本生命)、若宮三紗子(同)、谷岡あゆか(エリートアカデミー)、山梨有理(十六銀行)。

 

宮崎男子監督は、「全種目のメダル獲得はもちろん、シングルスで金メダルを狙います」。

 

村上女子監督は、「シングルス、ダブルスで金メダル獲得を目指します」と抱負。

 

エースの水谷選手は、「今までで一番良い成績が残せると思います」。

 

横浜大会ベスト8の石川選手は、「今はすごくワクワクしています。挑戦者の気持ちでプレーをしたい」と話した。 

 

 

▲「中国人を2人、3人と倒して
金メダルを狙いたい」と水谷隼選手

 

 

▲「1本1本を大切に
プレーしたい」と石川佳純選手
詳細は「ニッタクニュース2011年6月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧