メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • [TOP左下]19SS伊藤選手表紙バナー230×125
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

INTERVIEW:藤本海統(滝川第二高校)

JNT選手 平成21年度全日本混合複準優勝
プレッシャーがかかることもありますが、それを楽しんでいます。


トップ12に出場していかがでしたか。
藤本  日本のトップ選手しか出場できないので向って行く気持ちで試合ができ、試合自体は満足しています。

予選リーグでは全中チャンピオンの吉田選手と対戦しましたが。
藤本  吉田君は、東京選手権で一度対戦して勝っているので、一回勝った相手には負けたくないという意識が強くなってしまい、ミスが多くなってしまいました。

韓陽選手は。
藤本  強いというかうまかったです。
僕が打ったボールをほとんどいなされて、点数になりませんでした。

自分の中では満足できた大会でしたか。
藤本  満足した部分と、ミスが多かったのでもう少しいい内容で終わりたかったという気持ちがあります。

話は変わりますが、全日本のミックスは準優勝でした。試合を振り返っていただけますか。
藤本  第1シードの田勢さんペアに勝ったことで弾みがつきました。

でも、決勝まで行くとは....
藤本  全然思ってなかったです。
第1シードに勝っても強い相手ばかりなので、決勝までいけるとは思っていなかったです。

ミックスの練習は。
藤本  ほとんどやっていないです。
試合前に何回かやった程度でした。

準々決勝、準決勝も厳しい試合でしたが、勝因は。
藤本  鳥居さんが男子のボールをたくさんブロックしてくれたので、そこが決め手になったと思います。

コンビネーション的にはどうでしたか。
藤本  良かった面もあるし、良くなかった面もあります。

具体的には。
藤本  良かった点は、鳥居さんが男子のボールを上手くブロックしてくれるので、その次に相手の女子が打ってくるボールを僕がカウンターしていけたところです。
よくなかった点は、鳥居さんはバックが表なので球質が変わるのが難しかったです。

決勝は注目の松平・石川組でしたが。
藤本  ともかく頑張って1ゲーム取れたらいいなと思っていたんですが、思った以上に鳥居さんのブロックと僕のカウンターが入ったりしてゲームオールまでもつれたので良かったと思います。
しかし、決勝までいったのに負けたという点では良くなかったと思います。

第3ゲームをジュースで取り、2-1とリードしましたが。
藤本  いけるとは思っていなかったし、特に何も考えていなかったです。

リードできたのはなぜ。
藤本  僕が積極的に攻めたボールを松平君がブロックミスをしていたからだと思います。

挽回されてしまったのはなぜ。
藤本  僕が松平君のボールを取れなかったのが敗因です。

決勝が終わった時の気持ちは。
藤本  解放された気持ちになりました。
まだシングルは残っていたのですが、一つ終わってホッとしました。


深く握ることでフォアを安定させる

フォアハンドを打つ時は深く握って、ラケットを安定させるように意識しています。
バックハンドを振るときは、人差し指を少し立てることで面を出しています。
深く握ったままだと振れないので、浅く握るようにしています。
意識はしていませんが、ラリー中は瞬間的にグリップが変わっているかもしれません。
サーブを出してからの基本的なプレースタイルは、フォアハンドが主戦になるので、フォアが振りやすいようなグリップにしています。

詳細は「ニッタクニュース2010年4月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧