メニューを開く

戻る

月刊卓球雑誌ニッタクニュース

月刊卓球雑誌 ニッタクニュース
  • 差し替え230×125WEBカタログ(2019秋冬カタログ)
  • new_bnr_takusuru_230-125
  • BSジャパン「卓球ジャパン」毎週土曜日
  • スポーツ・フォー・トゥモロー修正版2
  • ニッタクインフォメーションバナー
  • 功労者アワード_
卓球の総合メーカー日本卓球!
日本卓球公式ホームページでは卓球製品のご紹介ははもちろん全国の卓球場&ショップが探せたり、卓球の各種お役立ち情報なども満載です。

卓球大会情報なども常時掲載していますので、是非ブックマークなどに追加しておいてくださいね。

第62回 国民体育大会(秋田わか杉国体)

2007年 9月30日~10月3日 秋田県鹿角市記念スポーツセンター他
成年男子は埼玉が連覇達成
第62回国民体育大会(秋田わか杉国体)は、9月30日(日)~10月3日(水)まで、鹿角市記念スポーツセンター、鹿角トレーニングセンターで行われた。

成年男子は、埼玉が2年連続で優勝。
日本リーグで活躍する田崎・倉嶋に、早稲田大の塩野という布陣で、各選手とも与えられた役をしっかりこなし、チーム全体での優勝であった。

準優勝は、東京。
埼玉戦では、先に2本を取っていただけに悔やまれる敗戦だったが、遊澤・木方・田中の3選手とも十分に実力を発揮していた。

3位には、青森山田OB勢で固めた青森。そして地元・秋田が入った。
秋田は大黒柱・偉関を軸に、石田、川嶋の3選手が地元の声援を背にし、神奈川を破るなど健闘した。
 
▲2年連続優勝の埼玉県
 
▲チームの大黒柱として
 活躍した偉関(秋田)

成年女子は4年ぶりに静岡が戴冠
成年女子は、静岡が優勝。
ノーシードからの勝ち上がりで、準決勝では神奈川とラストまでもつれる激戦を制し勢いに乗り、決勝では3連覇を狙った岐阜を下し、嬉しい優勝となった。

準優勝は、3連覇を狙った岐阜。
準々決勝で、広島を激戦の末下し、勢いに乗るかと思われたが、悔しい敗戦となった。

3位には、日立化成の河村・馮と筑波大の野中の茨城、そして優勝した静岡と好試合を演じた神奈川が入った。
 
▲嬉しい優勝を飾った静岡県
 
▲決勝進出の
原動力となった潮崎(岐阜)

■成年男子■

準決勝
埼玉    3‐1   青森
 1田崎  64-7-6-8 大矢 ○
○2塩野  1047   坪口 
○3田崎  489   坪口
  倉嶋        張
○4塩野  89-69  張
 5倉嶋   -    大矢

東京    3‐1   秋田
○1遊澤 -6-871014  偉関
○2田中  47-116 石田
 3田中  -9-4-7   石田○
  木方        川嶋
○4遊澤  358   川嶋
 5木方   -    偉関

決勝
埼玉    3‐2   東京
 1田崎 6-67-4-5  遊澤 ○
2塩野  9-7-3-5  木方 ○
○3田崎   1199  木方
  倉嶋        田中
○4塩野  3-3612  田中
○5倉嶋   13107  遊澤
■成年女子■

準決勝
岐阜    3‐0   茨城
○1西飯  483   野中
○2潮崎 -104-598  河村 
○3西飯  979   河村
  朱         馮
 4朱    -    野中
 5潮崎   -    馮

静岡    3‐2  神奈川
 1花沢  -9-7-10  小野 ○
○2小西  944   井上
 3小西 -8411-9-12 小野 ○
  孫         岸田
○4花沢  -2866  岸田
○5孫   4134   井上

決勝
静岡    3‐1   岐阜
○1小西  38-23  西飯
○2花沢  -10-8575 潮崎
 3小西  -6-11-10 潮崎 ○
  孫         朱
○4孫   -6765  潮崎
 5花沢   -    朱


少年男子は青森が前人未到の11連覇
少年男子は、青森がインターハイ2位で世界ジュニア王者の松平健太、インターハイ3位の松平賢二、王子康の布陣で、予選から1点も落とさず、3-0で勝利、圧倒的な強さで前人未到の11連覇を達成した。

2位は、笠原を軸に安定したプレーを見せた京都が入った。

3位は、準々決勝で大分(明豊)を下すなど、エースの菊地を中心に元気のよいプレーを見せた島根と、インターハイで青森山田を苦しめた石川が入った。石川は伊積の活躍が光った。

ベスト8には、大分、福岡、愛知、山形が入った。
 
▲11連覇を達成した青森県
 
▲京都準優勝の立役者の
笠原(京都)

少年女子は大阪府が4年ぶりに優勝
少年女子は、今夏のインターハイに優勝している大阪(四天王寺)が4年ぶりに優勝した。
決勝の青森戦は、今大会屈指の接戦となり、ラストで藤井がフルゲームの末に李を下し、決勝点をあげた。

決勝で惜しくも敗れた青森は、中学生の森薗が全勝と、エースとして申し分のない活躍を見せた。

3位には、予選で東京、宮城を下した岐阜(富田)と、中島、藤田を中心にチームワークが光っていた神奈川(横浜隼人)が入った。
神奈川は昨年につづき連続入賞であった。

ベスト8には、石川、北海道、香川、宮城が入った。
 
▲優勝した大阪府
 
▲中学生ながら今大会
負け知らずの森薗(青森)

■少年男子■

準決勝
青森    3‐0   石川
○1松平賢  747  伊積
○2松平健  -9623  盛田

○3松平賢  9-779  盛田
  王          戚
 4松平健   -    戚
 5王     -    伊積

京都    3‐1    島根
○1笠原  6-1149  間庭
 2石井 6-7-94-8  菊池 ○
○3石井   6116   間庭
  谷口         清家
○4笠原   865   清家
 5谷口    -    菊池

決勝
青森    3‐0    京都
○1松平賢  -9889  笠原
○2松平健  748   石井
○3松平賢  1097   笠原
  王          谷口
 4松平健   -    谷口
 5王     -    石井

■少年女子■

準決勝
大阪    3‐0   岐阜
○1藤井   6109  中村
○2川村  -71084  大野
○3川村  -6828  中村
  玉石        張
 4藤井   -    張
 5玉石    -   大野

青森    3‐1   神奈川
○1森園  784   藤田
 2松澤 -7-767-9  中島○
○3松澤  -8671  藤田
  李         金江
○4森園  1097   金江
 5李    -    中島

決勝
大阪    3‐2   青森
○1藤井 -74-91112  松澤
 2川村  -28710  森園○
○3川村  9-91510  松澤
  玉石        李
 4玉石  -9-9-12  森園○
○5藤井 16-10-45  李

 
詳細は「ニッタクニュース2007年12月号」に掲載しています
マンスリースペシャルは NITTAKU NEWS より抜粋してウェブ上で公開しています。

バックナンバー&一覧